立山エベレスト友好協会

立山エベレスト友好協会 since 2008-06-03 Last updated 2015-10-19

立山エベレスト友好協会設立25周年記念

ネパール大地震復興・支援チャリティー講演会

2015年4月25日ネパールで起きた大地震は、多くの犠牲者や多大な被害が各地に及びました。当協会と交流しているクムジュンスクールがあるクンブ地区でも家屋の倒壊の被害が報告されています。また、エベレストベースキャンプで発生した雪崩で芦峅寺との交流があるシェルパ達が亡くなりました。クムジュンスクールに通う子どもの親もいました。

当協会は、ネパールで発生した地震で被害を受けたエベレスト麓のクムジュンスクールおよび周辺地域の復興支援をする講演会を開催します。

  • 日時  10月25日(日) 開場13:30 開演14:00
  • 会場  パレブラン高志会館 カルチャーホール 定員250名
  • 入場  無料 ※会場内ネパール地震募金箱を設置

第1部 講演

演題「エベレスト、登れます」
講師 近藤謙司 国際山岳ガイド アドベンチャーガイズ代表

KK.jpg

プロフィール 
1962年東京都に生まれる。1983年21歳でエベレストに挑戦。現在7回登頂。日本で初めて一般の人をエベレストに登頂させるガイド公募隊を企画運営。4月、エベレストBCで地震に遭い、登頂を断念して暫くネパールでボランティア活動をしていました。

第2部 パネルディスカッション

仮題「エベレストに挑む」

パネラー
近藤謙司
佐伯知彦(立山ガイド エベレスト登頂を目指す)
ツェリン・タイシ・シェルパ(ネパール山岳ガイド・4回エベレスト登頂)

第3部 報告会

「ネパール大地震その後」

報告
クムジュンスクールの先生と生徒、近藤謙司さん、志鷹新樹副理事長



その他イベント
近藤謙司 著書「エベレスト、登れます」「ぼくは冒険案内人」サイン会と販売
ネパールのお土産即売会(売り上げの一部をチャリティー

主催 
特定非営利活動法人 立山エベレスト友好協会

後援
日本スポーツ振興センター国立登山研修所・日本山岳ガイド協会・立山カルデラ砂防博物館・立山ガイド協会・北日本新聞社・日本放送協会

協賛予定 
立山山荘協同組合・TATEYAMA WA’U / アートジョイ・とうざわ印刷工芸(株)・丸新志鷹建設(株)・(有)オン・エアーとやま

BookMark.png三浦雄一郎氏 エベレスト最高齢登頂

三浦さん.png
世界最高峰エベレスト山頂の三浦氏
写真提供:ミウラドルフィンズ

5月23日に事務局に嬉しいニュースが届きました。

三浦雄一郎氏(当会顧問)エベレスト登山隊事務局の三浦恵美里さんからのメールです。



☆ご声援ありがとうございます。登頂いたしました☆

ご支援いただきました皆様へ
ありがとうございます。
三浦雄一郎は体力の限界を魂の力で補い、そしてエベレストの山頂へ立つことができました。
下山途中何度も崩れ落ち、疲労困憊して、8千㍍を超す高所で薄い空気に喘ぎ、
ほぼ17時間動き続けていました。
山頂へ向けての強い想いとワクワクする好奇心、
そして多くのみなさまからのご声援を追い風として、
三浦雄一郎は山頂への一歩づつを刻むことができたのだと感じました。身体を越えた何かが。
今は精根全てを使い切り、8千㍍の第4キャンプのテントにて鋭気を取り戻すべく、
昏々と深い眠りについています。
明日、再び新たなチャレンジが続きます。登頂は輝かしい通過点ではありますが、
応援していただいた皆様へ元気な姿で戻ってくることが、最大のご恩返しであると信じております。

3時間前に豪太が今日の最後の力を振り絞り、衛星で送ってくれました山頂の写真を添付いたします。
すでにメディアを通じて登頂の模様が届いたと存じますが、後日、改めて内容をまとめまして、
ご報告申し上げます。
C4に到着した三浦は、ほとんど声も出ないような状態でしたが、衛星携帯電話を通じて、応援していただいた皆様に、心からの感謝を申し伝えるよう、託されました。
まずはメールにて、みなさまの温かなご声援に、心より感謝申し上げます。
ありがとうございました。                
                            三浦恵美里



プロ登山家 竹内洋岳氏の講演会を開催しました

佐伯信春会長と竹内氏立山のカレンダーも好評でした竹内氏愛用のアックス。チタン製。竹内氏がガッシャーブルムⅡに再SUMMIT PUSHした時に背骨に入れていたボルト(実物)志鷹新樹理事と竹内氏第一部 竹内洋岳氏 講演350人を越える方々が、竹内氏の講演に聞き入りました。第二部 トークセッション登山研修所 渡邉雄二 所長立山ガイド 8000m峰六座登頂 北村俊之氏珍しいネパール製品の販売も協会メンバーが撮影したヒマラヤ写真展も開催しました

今年5月、ネパール・ダウラギリ峰(8,167m)の登頂に成功し、日本人で初めて世界の8,000m峰14座完全登頂を達成した、プロ登山家の竹内洋岳氏。17年をかけた偉業の足跡をトークと映像で振り返り、8,000mの山の魅力を多いに語って頂きました。


■日時:平成24年12月2日(日) 13:30〜
■会場:富山市国際会議場ホール 富山市大手町1−2
■講演内容  一部「竹内洋岳8,000mの世界」講演&映像
       二部 パネルディスカッション
         「ヒマラヤの魅力を語る」
          パネラー 竹内洋岳氏(プロ登山家)
               渡邉雄二氏(登山研修所所長)
               北村俊之氏(立山ガイド)

立山芦峅小児童のネパール訪問記

だるバード のコピー.jpg
満足感味わうネパール料理

5年 佐伯 颯太

 ネパールの食事について調べていたので、ぼくはネパール料理がどんな味なのかを楽しみにしていました。
ある日、ぼくたちはネパールのレストランに行って「ダルバートタルカリ」(ネパールの定食)を食べました。マメのスープは大豆のような味がしました。コメはちょっと長めでバサバサしていました。チキンはやわらかくてジューシーでした。

詳しく読むLinkIcon

訪問03 のコピー.jpg
スクール訪問 歌などで交流

5年 佐伯 蘭

 クムジュン村に着き、ヘリコプターから降りて、クムジュンスクールまで少し歩きました。頭がとてもいたくてつらかったです。
クムジュンスクールに着いて、あたたかいマンゴージュースとビスケットをいただきました。寒かったのでおいしかったです。
交流会の発表では、MDが気圧のせいで音が出なくなっていました。二年前は大丈夫だったのに、どうしてかなあと思いました。

詳しく読むLinkIcon

エベレスト のコピー.jpg
ぼくの祖父のお墓参り実現

6年 佐伯 廉

 一時間くらいでクムジュン村の手前に降りました。そこは標高四千メートルほどあり、近くの山がとてもきれいに見えました。ゆっくり深呼吸しながら少し歩くと、ヤクという牛に似た動物がいたり、馬に乗っている人がいました。
そしてぼくのおじいちゃんの墓に着きました。おじいちゃんはネパールとの友好につくしたので、ネパールにもお墓があるのです。

詳しく読むLinkIcon

プロスキーヤー
三浦雄一郎さんからのメッセージ

三浦雄一郎さん

会員を募集しています

会員になると

  1. 協会で主催する訪問団やヒマラヤトレッキングに参加できます。
  2. 立山周辺で行う協会主催のイベントに参加できます。
  3. ネパール講座(ネパール語や料理、シェルパ文化など)を受けることができます。
  4. 来日するシェルパとの交流会に参加できます。
  5. 協会で所蔵するエベレストやヒマラヤ、ネパールに関する資料を閲覧できます。
  6. エベレストやネパールの最新情報を満載した会報が届きます。

お問い合わせ先

NPO法人立山エベレスト友好協会事務局


〒930-1406
富山県中新川郡立山町芦峅寺七姫平
クムジュン内
TEL.FAX 076-482-1200

(冬期連絡先)
〒930-1406
富山県中新川郡立山町芦峅寺3 
佐伯高男方
TEL. 076-482-1072